「 発達障害とすらら 」一覧

通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にとってどうなの?

通信教育すらら難易度は発達障害の小学生にとってどうなの?

そんなふうに疑問をお持ちだと思いますが、ウチでも始める前は同じように考えていました。

どうしても発達障害があると下の学年を勉強することになるので、あまりに難易度が高い通信教育では勉強になりませんよね。

その辺りがよく分かるように、今までの経験からしっかりと情報をお伝えしていこうと思います。

通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にどう?

通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にどう?

☑ 通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にとってベストです。

うちではそのように判断しましたが、きちんと理由もあります。

というのもこの通信教育すららという教材は、発達障害支援の専門家が監修していることによって一般的なものと大きく方向性が違うためです。

つまり発達障害の小学生~高校生までが、本当の意味で理解のできる通信教育なんです。

 

とくにこの教材は”無学年制”とういスタイルになっているため、学年の枠を通り越して勉強ができることで難易度については基本的に関係なく勉強ができるようになっています。

この”無学年制”というのはあまり日本では一般的ではないので触れづらいかもしれませんが、欧米の方では前からこの無学年制で勉強が考えられているものです。

すらら 難易度

発達障害があるとどうしても下の学年の勉強を行うことになるので難易度が気になるところですが、発達障害支援の専門家監修によって分かりやすい授業などがあるため気にしなくても大丈夫。

また無学年制ということで学年も気にしないで済むため、発達障害の小学生でもまったく難易度を考えず分かりやすく勉強をすることのできる教材です。

 

したがってウチがお伝えする情報としては、この通信教育すららという教材は発達障害の子供にも十分に勉強ができるものということ。

この教材を取り組む前にほかの通信教育も試してみましたが、やはり一般的な作りになっているため発達障害向きではありませんでした。

やはり細かな部分が少しずつ違っていて、この通信教育すららの取り組みやすさが目立ったものです。

うちは発達障害のある子供に、難易度を気にすることなく勉強にできるこの通信教育すららを一番におすすめしたいかなという気がしています。

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由
こんにちは。 ここでは、 すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由 について記しています。 すららは学習障害...

実際に発達障害の小学生がすららをやってみてどうだった?

実際に発達障害の小学生がすららをやってみてどうだった?

☑ 子供自身も難易度で左右されることなく勉強ができていました。

この教材は学年制ではなく”無学年制”ということもあって、実際に年齢よりも下の範囲を勉強することができるのが大きな特徴です。

それが発達障害のある子供にとって勉強のしやすいところでもあって、やりたい単元を自由に選んで勉強ができるので難易度も関係なくスムーズに勉強ができていました。

一般的な学年制の通信教育では、まずこんなことはムリです。

 

さらにこの教材のテスト機能というのは大中小という3つがあって、それぞれに役目を持っている特長のあるものです。その中でも中テストは自分で自由に分野を選んで作成ができるので、これもだいぶ発達障害の子供には役立った部分です。

すらら 難易度

一般的な通信教育のテスト機能というのはその学年だけしかできないものですが、この教材の場合はどの学年の単元でも自由に選んでテスト作成ができます。

したがって本来の学年よりも下の範囲をテストするときに便利で、さらに小テストでは学校の10問テストのようなもの、中テストでは学校のテスト対策などもできるので本質で便利です。

やはり発達障害のことをしっかりと考えて作られた教材なんだな、とつくずく感じました。

http://すらら発達障害.net/post-101/

通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にとってどうなの?まとめ

通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にとってどうなの?まとめ

ここまでをまとめておきます。

☑ 通信教育すららの難易度は発達障害の小学生にとってベストです。
☑ 子供自身も難易度で左右されることなく勉強ができていました。

ということでした。

ウチが実感したのは、本当に発達障害のある子供が勉強しやすい通信教育ということです。

まず選んで間違いのない教材ですので、ぜひ安心して取り組まれてください。

 

すららを発達障害の子供に勉強をさせた記録はこちら


通信教育すららは偏差値が低い発達障害の子供におすすめのようです

通信教育すらら偏差値が低い発達障害の子供におすすめかもしれない

について詳しくお伝えしていきます。

実際に通信教育すららを使って、うちの発達障害のある小学生に勉強をさせてきました。

もちろん偏差値は低くて、学年も実年齢よりも3つほど下です。

とんでもなく成績が向上したということもありませんが、結論からいえば通信教育すららを使うまでと比較してみるとこの教材はおすすめだと思います。

そんな通信教育すららを偏差値の低い子供が使ってみた経験をお話しします。

  • 通信教育すららは偏差値が低くても大丈夫?
  • 発達障害で学年が下の勉強しかできないけど使える?

そんな悩みや疑問を少しでも解消できれば幸いです。

すららは偏差値でも勉強ができたのは何でか?

すららは偏差値でも勉強ができたのは何でか?

☑ すららは偏差値が低くても専門家監修の教材なので大丈夫です。

発達障害があるとどうしても偏差値は低くなってしまうもので、うちも一般的な通信教育は学年が合わなくて使うことができませんでした。

しかしこの教材は発達障害で偏差値が低くても使えたのです。

その理由には2つあります。

  1. 発達障害支援の専門家が監修している通信教育であること。
  2. 無学年制で実学年と関係なく勉強ができること。

この2つの理由があったことで、ウチの小学生の子供のように発達障害であっても十分に対応できる教材でした。もし発達障害支援の専門家が監修していなければ、一般的な通信教育と何ら変わりないものになっていたのかなと思います。

そんな2つの理由について少しばかりお話ししていきます。

発達障害支援の専門家による通信教育とは?

この教材は発達障害支援の専門家によるものとお伝えしましたが、さらに大学教授もそれに加わって作られた通信教育なんです。

すらら 偏差値

これはホームページからお借りしたものですが、この教材は「子どもの発達科学研究所」という支援団体によって監修されていて、さらに知識が豊富な先生方が作られた教材なんです。

 

実際にすららを始めてみるとよくわりますが、まず”考え方”がまったく違います。

この教材が一般的なものと大きく違うのがまず「授業」です。

普通であれば一度に説明をしますが、この教材の場合は”少しだけ説明をして確認問題が出される”というのを繰り返すスタイルの授業になっています。

すらら 偏差値

うちの子供は偏差値が低いのは発達障害だけのせいでもなくて、とくに勉強に興味を示さないためよけいに偏差値が低かったという理由もあります。

しかしこの教材の特殊な授業スタイルのおかげもあって、少しだけの説明なのでまずウチの子供でも理解できることが大きなポイントでした。

本当に少しだけの説明なので、長い文章では理解できないところを理解できた。

これは発達障害のある小学生であれば、たぶんどこの家庭でも同じ状況なのかな?と思います。長文を話されても理解できないはずです。

それがこの教材の授業では長文を話すこともなく、さらに子供に話しかけるように授業が進んでい行くのでよりウチの子は理解できたのだと思います。

そんな授業のスタイルになっているのが特徴かなという気がしています。

つまりすららは偏差値の低い発達障害の小学生でも、かなり理解のできる通信教育ということです。

偏差値や発達障害に関係なく勉強できたの「無学年制」とは?

それと無学年制というお話をしましたが、一般的な通信教育であれば”学年制”をとっているところ、この教材は”無学年制”というスタイルをとっているのが特徴なんです。

この無学年制というのは学年の枠を通り越して勉強ができるので、発達障害や偏差値の低い小学生にはかなり勉強のしやすいスタイルかと思います。

すららは偏差値でも勉強ができたのは何でか?

たとえば一般的な通信教育であれば、契約をすると”その学年”の教材で勉強をすることになります。たぶんどこの家庭でも発達障害のある子供がいれば、それでは勉強になりませんよね。

そんなときにこの教材は便利で、発達障害だろうが偏差値が低かろうが、学年の枠を通り越して自由に勉強ができるのでとても役立つものなんです。

 

たしかほかにも無学年制の通信教育というのを1つ見ましたが、このすららのように発達障害支援の専門家が作成したものではないので今一つ難しい内容になっていたような記憶があります。

その点この教材はテスト機能などもなう用を自由に作成することができるので、偏差値も関係なく子供に合ったテストを作ることもできます。

うちの子などは偏差値30もいってないのですが、それでも十分に勉強ができる教材です。

こんな発達障害に焦点を当てた通信教育というのはまず見つからないので、もしウチと同じように発達障害の小学生がいればかなりおすすめかなという気がしています。

すららは偏差値というよりも発達障害におすすめ

すららは偏差値というよりも発達障害におすすめ

☑ 発達障害の子供にすべて教えてくれる教材です。
ということでこの通信教育すららという教材は、偏差値が低い子供にもおすすめですが、それ以前に発達障害専門の通信教育と言ってもおかしくないほど勉強しやすい作りになっています。
したがって家庭学習をするのであれば、ウチはもっともおすすめかと思っています。

 

発達障害があることで、たぶん学習塾などに行けないですよね。

子供だけでは通えないということもあるでしょうし、それ以前に学習塾や家庭教師で発達障害の子供を受け入れてくれるところがあまりにも少ないのが現状です。

国もだいぶ整備をしているようですが、現実はまだまだそのような環境が整うには時間がかかりそうです。

したがって学習塾や家庭教師もムリ、できれば家庭学習がさせたいのでせめて家庭教師に来てもらえると助かりますがそうもいきません。

すららは偏差値というよりも発達障害におすすめ↑中学生が写っていますが小学生から対応しています。

うちも発達障害の子供にどうやって勉強を教えようか悩んでいて、私たち親が教えていましたがどうしても”理解させる方法”が分からないものなんです。

どんなふうに説明をすれば分かってくれるのか?理解につながるのか?

まずその時点で親の方がつまずいてしまって、子供に勉強を教えたい気持ちはあっても教えることができない状態だったんです。

 

たとえば「1+1=1」というふうに理解してしまうんです。

同じ数字が1つに合わさっても形が変わらないから。

これを1円玉を使って説明をしたところで、2枚が1つになるから答えは「1」です。

本当に発達障害の子供には教え方が難しくて、親の方が参ってしまった時期もありました。

 

そんなときにこの通信教育すららを見つけたのですが、実際に取り組んでみると親の代わりをしてうまく教えてくれる教材なんです。

このような口コミもありました。

無学年制で実学年と関係なく勉強ができること。

ウチはそういう意味でもこの教材は助かったな、というのが正直な感想です。

親が上手く教えることができない部分を、代わりとなって子供が分かりやすく教えてくれるのがこの通信教育すららという教材です。

この辺りも偏差値よりも発達障害の小学生にはピッタリの作りになっているんだと思います。

もし発達障害の子供へ家庭学習を考えるのであれば、まずこの教材は間違いありません。

そのときはお考えになってみるときっと助かると思います。

まとめ

まとめ

ここまでをまとめておきます。

☑ すららは偏差値が低くても専門家監修の教材なので大丈夫です。

☑ 発達障害の子供にすべて教えてくれる教材です。

ということでした。

通信教育すららが偏差値の低いうちの子供に役立った、またそれ以前に発達障害の子供に本当の意味で役立つ教材ということがわかったのでお伝えしてきました。

その面から考えてみても、この教材は発達障害の子供にベストな勉強ができます。

使い始めて1年が経過しますが、楽しさもあるので興味を持って勉強に取り組めているので良かったのかなと思っています。

またLD気味なところもあるので収集を始めるとキリがないのですが、その辺もうまく特性をわかって”ポイント集め”があるところも続いている理由かという気がします。

たぶん発達障害の子供には、この教材はベストではないでしょうか。

 

すららを発達障害の子供に勉強をさせた記録はこちら

 

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由


発達障害の子供へ対する“すららの勉強法”について3つのポイント

こんにちは。

ここでは、

発達障害の子供へすすめたい“すららの勉強法”
について記しています。

  • どのように使えば効果的な勉強ができるか。
  • 発達障害の子供でもわかりやすい勉強方法が知りたい。

そんな疑問や悩みの解消につながる内容となっています。

発達障害の子供へのすらら勉強法①無学年制を活用する

発達障害の子供へのすらら勉強法①無学年制を活用する

無学年制のメリットを十分に活用してください。

まずは、この教材の大きな特徴でもある「無学年制」を十分に活用してください。

無学年制というのは学年制とはまったく違います。

学年の枠ではなく、分野の流れで勉強を考えることのできるものです。

この教材はせっかく便利な”無学年制”というスタイルをとっている数少ない通信教育です。

 

欧米の方ではこの無学年制がポピュラーですが、日本では学年制で教育が行われています。

無学年制の大きなメリットは”容易にさかのぼり・先取り学習”ができること。

すらら 勉強法

私の子供もそうですが、とくに発達障害があると学年で勉強を考えることが難しいと思います。一般的の場合では3~5学年ほど低い単元を勉強をすることになるはずです。

つまり子供が理解できないと思われた部分については、学年の枠を考えずどんどんさかのぼっていくことができる教材というわけです。

この仕組みを十分に使うことによって、より理解しやすい勉強ができます。

 

すららの単元というのは、分野の”流れ”によって構成されています。

すらら 勉強法

つまり”〇年生”ということではなく、高学年か低学年か?という範囲で考えます。

あとはすべての単元が紐づけてあるので、理解できなければ1つずつ前の分野に戻っていけばOKです。こうして見ると当然出来ることのように思いますが、一般的な教材は”学年”を通り越して勉強をする事はほぼできません。

本来の学年しか勉強できないのが一般的なので、このすららのように学年の枠を通り越して思ったように勉強することができないんです。

まずは、ぜひこの”無学年制”を十分に活用されることをおすすめします。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-113/”]

発達障害の子供へのすらら勉強法②テスト機能をフルに使う

発達障害の子供へのすらら勉強法②テスト機能をフルに使う

テスト機能をフルに活用してください。

つぎにすらら勉強法でおすすめするのが、テスト機能をフルに使うという事です。

ご存知のようにこの教材には3つのテスト機能があって、規模によって大中小と別れているのが特徴です。

この大中小それぞれのテスト機能をフルに使うことがポイントです。

 

とくに3つの中でも役立つのが”小テスト”です。

この小テストというのは、学校でいうところの10分間テストに当たります。

すらら 勉強法

発達障害があるとテストをするにしても”途中で逃げ出してしまう”といったことがあるかと思いますが、この小テストであれば飽きる前に終わらせることができるので毎日の日課にするのがおすすめです。

いくら小テストといっても”毎日やること”によって理解が進みますし、なによりも”勉強に慣れる”という意味の方が役立つはずです。

 

まずはこの小テストを勉強のベースとされることをおすすめします。

ほかの2つのテストについては、少しずつ長い時間のテストに慣れてきてから取り組むのがいいかと私は感じています。

このテスト機能もすららの勉強法としてコツになります。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-101/”]

発達障害の子供へのすらら勉強法③つまずき防止を使う

発達障害の子供へのすらら勉強法③つまずき防止を使う

すららのつまずき防止機能を十分に活用してください。

すららには”つまずき防止システム”というものがついていて、これはE-ラーニングシステム特有の”相互学習システム”というものです。

この機能で出来るのは「子供の苦手」を洗いざらいチェックしてくれる部分で、これをどんどん利用することによって苦手を解消していくことにつながります。

 

このシステムがどんなふうに発揮されるかについてですが、子供がテストや問題を解くごとにシステムが学習して分析していきます。

つまり問題を解けば解くほどこのシステムの精度も上がって、より苦手な部分が浮き彫りになるというものです。

すらら 勉強法

このシステムでは取り組んだ内容が一覧表で表示されて、間違った分野が赤く表示されるのでパッと見て苦手が分かるようになっているものです。

そこをクリックすることで苦手な分野に飛べまず。今までは苦手を探るだけでも大変で、さらにさかのぼるにはどの単元に行けば‥というのがあったと思いますが、それがなくなるはずです。

 

この機能をフルに使うことによって、子供の苦手もよくわかるし解消にも簡単につなげることができるので大いに役立つシステムです。

発達障害の子供が勉強をするときに、このシステムはかなりよい勉強法になると思います。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-109/”]

発達障害の子供へ対する“すららの勉強法”について3つのポイントまとめ

発達障害の子供へ対する“すららの勉強法”について3つのポイントまとめ

ここまでをまとめておきます。

・無学年制のメリットを十分に活用してください。
・テスト機能をフルに活用してください。
・すららのつまずき防止機能を十分に活用してください。

ということでした。

この中でもとくにポイントになるのがつまずき防止システムの活用になります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ウチもこの教材を利用して勉強させています。

発達障害支援の専門家が監修している、本当の意味で優れた教材です。

➝発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

どんな勉強ができるのか、ぜひお確かめください。

発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

 


通信教育すららが不登校になってる発達障害の子供におすすめな理由

こんにちは。

ここでは、

通信教育すららが不登校になってる発達障害の子供におすすめな理由
について記しています。

・発達障害で不登校になってて勉強が心配。

・自宅で発達障害の子供が勉強できる方法が知りたい。

・学校が欠席になってしまうのが心配。

そんな悩みや疑問の解消につながる内容となっています。

すららが不登校の子供におすすめな理由

すららが不登校の子供におすすめな理由

すららが不登校の子供におすすめな理由は「文科省の施策」が使えるからです。

私の子供も発達障害で、何度か学校に行きたくない状況になった経験があります。

何とか持ちこたえて学校に行けていますが、もし不登校になってしまっている家庭にはこの通信教育すららがおすすめです。

 

その理由は「文科省の施策」が使えるためで、こんな対策があるんです。

すらら 不登校

参考:文部科学省「不登校児童生徒への支援について」より

この施策は発達障害の子供を支援するために、このような仕組みになっているものです。

「一定の基準を満たしたIT教材を使って自宅学習をすると、学校を出席扱いになる。」

つまり不登校でも出席日数を減らさず、学校に通ったことになるという施策です。

しかし「IT学習=何でもよい」ということでもなく、この施策基準をクリアした教材で勉強をする必要があるというわけです。

そんな基準をクリアしている教材が、この”通信教育すらら”になります。

 

なぜこの教材が基準をクリアしているのかといえば、つぎのような根拠があるからです。

  • 文部科学大臣賞を受賞した経歴のある教材。
  • すららのホームページでしっかりとその件について謳われている。

この2つの根拠によって、この教材が基準をクリアしていることが確認できます。

その内容について少しばかり触れておきます。

文部科学大臣賞を受賞した教材

この教材が文部科学大臣賞を受賞したものであることは、この写真からも分かると思います。

すらら 不登校

過去にこのような受賞式があったことで、この教材が確実に文部科学大臣賞を受賞したものであることが確認できます。

つまり不登校支援の施策を打ち出しているのは文部科学省であり、その省庁が効果を認めている教材がこの通信教育すららというわけです。

したがってこの教材はしっかりと不登校支援の施策基準をクリアしているものであり、十分に学校を出席扱いにできる資格をもったものであることがわかります。

ホームページで謳われている

もう1つは、ホームページでそれが確認できることです。

ホームページを見ると、このように掲載されていることがが確認できます。

すらら 不登校

参考:通信教育すららホームページ

不登校で学校を休んでいても、この教材であれば出席扱いになると掲載されています。

その下のほうに、このような手順が掲載されています。

すらら 不登校

ここで書かれている手順通りに進めていけば、この施策を使うことができます。

 

もし発達障害が原因で不登校になってしまっても、自宅でこのような文科省の施策を利用することで学校を出席扱いにできます。ぜひこうした施策を有効に活用されてください。

これはただ単に出席日数の問題だけではなくて、私は次のような意味があると思っています。

  • 子供が再び社会に出ていけるための練習になる。
  • 勉強により興味を持つためのキッカケになる。
  • この教材のサポートシステムによって、実際の塾講師との触れ合いの中から立ち直る光が見えてくる。

幸いなことに私の子供は不登校になってはいませんが、明日は我が身だと思っています。

子供が不登校になってしまったのであれば、そのお気持ちを察する次第です。

文部科学省も不登校の子供をこのように支援してくれていますので、ぜひ有意義に活用して子供の未来をより明るいものにしてあげてください。

私も立ち直って元気な姿を見せてくれる日を、心より願っております。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-115/”]

ウチもこの教材を利用して勉強させています。

発達障害支援の専門家が監修している、本当の意味で優れた教材です。

➝発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

どんな勉強ができるのか、ぜひお確かめください。

発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

 


通信教育すららは低学年を勉強できるのが発達障害の子供に役立ちます

こんにちは。

ここでは、

すららが低学年を勉強できるので発達障害の子供に役立つ
について詳しく記しています。

この教材はどこまでさかのぼって勉強できるの?

低学年の問題でも理解し切れない。

発達障害の低学年向けの授業になってる?

そんな疑問を解消していただける内容となっています。

どこまで低学年の勉強ができる?

どこまで低学年の勉強ができる?

すららは無学年制なので低学年を自由に勉強ができます。

発達障害があると実学年ではなくて、どうしても低学年の勉強をさせていると思います。

ウチの場合も同じで、どうしても5歳ほど下の学年を勉強させる必要があります。

そんなときでもすららは大丈夫で、それには理由があります。

 

一般的な通信教育というのは”学年制”という学校と同じ区切りで勉強をするものですが、この教材は「無学年制」という方式が取られています。

この無学年制というのは学年で考えるのではなくて、分野の流れで勉強を考えることが出来るため発達障害の子供が低学年の勉強をするのに役立つスタイルです。

すらら 低学年

さらにこの無学年制によって”単元のつながり”で考えることができるため、学年の枠を通り越して単元だけに集中して勉強をさせることもできます。

学年を考えなくていいというのは、本当に意味で発達障害の子供にピッタリの勉強ができるものです。

 

すららの無学年制は低学年の勉強が自由にできるだけではなく、学年を考えなくていいのでより勉強に集中できるスタイルです。

一般的な教材ではこうはいかないので、本当の意味で便利に使えるはずです。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-115/”]

低学年の理解が難しい場合でも大丈夫

低学年の理解が難しい場合でも大丈夫

理解が難しい場合でも発達障害支援の専門家によって分かりやすく勉強ができます。

通信教育すららという教材は一般的なものとは違って、発達障害支援の専門家によって監修されている教材です。そのため今までは理解してくれなかった部分も、分かりやすく身につけることができる教材です。

一般的な通信教育では理解仕切れないということが多いと思いますが、そんな中でもこのすららという教材は教え方が根本的に違っていて良く理解できる内容です。

ウチもそんな分かりやすい教え方というのもあって、このすららを選びました。

 

たとえば立体図形を教えるときに、いきなり立体を見せても理解してくれません。

そんなときにこのすららでは、平面から積み上げて”感覚”に訴えかけて理解させるという教え方が行われます。

すらら 低学年

これが図形問題だけではなく全体的な作りが発達障害の子供が理解できるようになっているので、ほかの教科や単元でも本当に理解してくれる教え方です。

なんといえばいいのか「理屈が腑に落ちる」とでもいえばお分かりになるでしょうか。

表面だけの理解ではなくて、本当に腹の底にまで落ちて身につけることができるというのがこの教材の大きな特徴です。

 

発達障害で低学年の理解につながる授業

発達障害で低学年の理解につながる授業

授業の進み方が本当の意味で分かりやすくなっています。

この教材は授業の進み方が特徴的で、発達障害の子供が本当にわかってくれます。

とにかく授業の進み方が独特で、ゆっくりと確実に進んでいくような説明がされます。

「少しだけ説明をして確認問題を解かせる」

こんな進み方をするので、一般的な通信教育のように”一度に説明”をすることで頭の中がこんがらがることもなく納得が積み重なっていく授業です。

 

ウチもこの教材を見つけるまでにいろいろとお試しなどをやってみましたが、この教材のように「説明と問題」が繰り返される授業はほかにありませんでした。

すらら 低学年

とくにウチの子のように発達障害があると、少しでも長く話すと理解できません。

これはたぶん同じではないでしょうか。

一般的な教材では一度に説明されるので、子供はまったく理解することができないのです。

たとえ一時停止をしたところで、こんどは話の途中で止まるので理解できない。

堂々巡りの状態になってしまうのが一般的な通信教育です。

 

それがすららの授業は「少しの説明と小問題」がずっと繰り返されるので、少しずつ完結しながら確実に前へ進んでいけるような授業。

こんなわかりやすい授業は、ウチが探した中ではこの教材くらいのものでした。

しっかりと低学年の理解につながるので、確実に先に進んでいける教材で間違いないです。

 

まとめ

まとめ

ここまでをまとめておきます。

無学年制なので低学年の範囲をいくらでも勉強ができる。
専門家監修の教材できちんと低学年を理解できる。
授業がわかりやすいので低学年の範囲をしっかりと身につけることができる。

このようなことでした。

この中でもとくにポイントになるのが分かりやすい授業になります。

ぜひ参考にしてみてください。

 

ウチの経験を綴っていますので、ぜひ参考にされてみてください。

発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ


すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由

こんにちは。

ここでは、
すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由
について記しています。

すららは学習障害の子供におすすめ?

興味をもって勉強できるネット教材?

そんな疑問の解消につながる内容となっています。

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由①専門家が作っている

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

☑発達障害(学習障害)支援の専門家が監修しているのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「専門家監修」です。

こうした障害支援を行っている機関の専門家が監修している通信教育で、勉強の理屈や障害の特性をしっかりと考えられていることでおすすめです。

 

実際にウチがすららを取り組んでみてわかったのが、障害の特性を考えてあることで”理屈”が本当に理解できるような作りになっています。

自宅で勉強を教えていて「どうすれば理解してくれるのだろう‥」という場面は想像できると思いますが、そんな困ってしまう場面での教え方が上手な気がするネット教材がすららです。

たとえばこのような画面など。

すらら 学習障害

一般的な通信教材で図形を教えるときには”完成形”から理解させるものですが、すららの場合は「想像」から教えるといった指導が行われています。

三角形ってなに‥?

という質問が子供からきたときに、親のほうはどうしても”完成形”から教えようとします。

しかし子供は一向に理解してくれませんよね。

親のほうは「いったいどうやって教えたら理解してくれるのか‥?」と悩んでしまうのがいつものオチになっているはずです。

 

そんな学習障害(発達障害)の特性をしっかりと考えられている指導になっているため、親の方が毎日の勉強で”悩んでしまう場面”を助けてくれるというのがすららの指導方法です。

この教材を始めるとまず実感するのが「かなり助かる」になると思います。

[blogcard url=”http://xn--88j2ea4135bj81aso6avgj.net/post-115/”]

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

☑学年関係なく勉強のできる”無学年制”なのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「無学年制」です。

無学年制というのは、学年の枠ではなく”分野”の流れで勉強のできるスタイルです。

これによって学習障害(発達障害)の子供にとって、ピッタリの勉強ができます。

 

一般的な通信教育というのは、基本的に”学年制”になっています。

学年制ということは、いまの学年だけしか勉強のできないスタイルということ。

ウチの子供に限らず学習障害(発達障害)があることで、たぶん今の学年よりも下の勉強をさせたいと思われているのではないでしょうか。

すらら 学習障害

ウチもいまの学年の勉強なんてまだまだほど遠くて、できれば何個か下の学年の勉強をさせたいと思ってずっと悩んできた経緯があります。

もちろん学習塾に通わせるなんて出来ませんから、いろいろと通信教育を調べてきて今させているすららに辿り着きました。

その理由の1つが、この「無学年制」というわけです。

 

無学年制によって今の学年よりも下の勉強が自由にできるし、またその単元をクリアしてからも”分野の流れ”でステップアップしていけるのが大きなメリットです。

普通の教材ではムリなので、これも大きなメリットかなと思います。

通信教育すららは偏差値が低い発達障害の子供におすすめのようです
通信教育すららは偏差値が低い発達障害の子供におすすめかもしれない について詳しくお伝えしていきます。 実際に通信教育すららを使っ...

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由③授業の進み方がゆっくり

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由③授業の進み方がゆっくり

☑授業の進み方がゆっくりなのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「授業」です。

この教材には授業があることでも選ぶ決め手となったのですが、映像授業が付いていることで理解につながる勉強ができる教材です。

さらに授業についても学習障害(発達障害)支援の専門家によって、とてもわかりやすくまとめられているので親が悩むことはなくなります。

 

こうした映像授業というのは一般的な通信教育でも見かけますが、この教材の場合は”進み方”がまったく違って特殊になっています。

具体的にいえば「少しだけ説明➝確認問題」といった感じでゆっくりと確実に進んでいくため、ウチのように学習障害(発達障害)があっても頭の中がとにかく整理しやすい授業になっています。

すらら 学習障害

この「ゆっくりなペース」というのは一般的な授業でも”一時停止”などで出来そうに思われるはずですが、根本的に全く違います。

ただ単に止めればいいというわけではなくて、学習障害(発達障害)の子供が理解するためには「完結した少しだけの説明」が必要だからです。

だから一般的な教材のように”流れの途中で一時停止によって止める”というのではダメなんです。

 

すららはそんな授業の流れまでしっかりと考えられている専門家監修の通信教育なので、本当の意味で子供が理解のできる通信教育です。

実際にウチが取り組んでみて分かったのがこうです。

「すららも良さそう‥ではなく、すららじゃないとダメ」

もしウチと同じように毎日の勉強でお悩みでしたら、間違いなくおすすめの教材です。

 

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由まとめ

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由まとめ

ここまでをまとめておきます。

☑すららは発達障害(学習障害)支援の専門家が監修しているのでおすすめです。
☑学年関係なく勉強のできる”無学年制”なのでおすすめです。
☑授業の進み方がゆっくりなのでおすすめです。

こういったメリットがあるためおすすめと感じています。

もし、学習障害(発達障害)の子供へ勉強の教え方で悩んでいる‥

ということでしたら一度、この教材を取り組まれてみてはいかがでしょうか。

 

ウチの経験を綴っていますので、ぜひ参考にされてみてください。

発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

 


発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミとして成績向上した経験談

ウチの子供は小学生3年で発達障害で、小学2年のころから「通信教材すらら(スララ)」を使い始めて勉強をするようになってきました。

そこで備忘録として、今までの経験を書いてみようと思います。

同じように勉強で悩んでいるご家庭へ、何かが少しでも参考になれば幸いです。

すらら 発達障害

すららホームページ➝http://surala.jp

 

発達障害の子に「通信教育すらら」を使った口コミ

発達障害の子に「通信教育すらら」を使った口コミ

うちの子が発達障害と分かったのが小学校1年の終わりごろで、常に落ち着きがないような感じだったので医師に相談してみることにしました。

正直いうと真実を知りたくない気持ちもありましたが、子供の人生を考えると発達障害かどうかハッキリしておいたほうがいいと思ったためです。

そして診断の結果は、

発達障害ADHDで、
いわゆる広汎性発達障害の多動性という症状です。

そんなに発達障害の症状は重くないようですが、もしかすると今後は注意欠如やアスペルガーなどの症状が出てくるかもしれないとのことです。

発達障害といってもどれか1つの症状というよりも、いろいろなものが重なり合うことのほうが多いようでした。

 

発達障害はこの厚生労働省のサイトにもそのように書かれていました。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

参考:厚生労働省「発達障害

小学生1年のころは学校でも落ち着きがなかったとは思いますが、まだほかの子も小学生になりたてで発達障害なのかどうなのか先生も見分けがつきにくいということでした。

しかし2年生になってくると周りの子も落ち着きが出てくるので、発達障害などの症状があると少し違うかな?という感じがするらしいです。

 

ウチの子供も発達障害なので落ち着きはなく、勉強をしないというよりも「興味」の向かないことには全く見向きもしないという感じです。

そのかわり発達障害は一旦興味を持ってしまうと、そればかりトコトン向き合うところがあります。

この症状についても事前に聞かされていましたが、これは多動性でも注意欠如でもどちらの発達障害にも共通する症状なのだそうです。

発達障害の中でもアスペルガーなどでも見える症状らしく、発達障害全般の特徴といったほうがいいようです。

 

そんな発達障害のウチの子へ「通信教育すらら(スララ)」をさせてみることにして、今では興味を持って取り組んでいますので成績も少しずつ良くなってきました。

しかし成績も大事ですが、親としてはまず勉強をしてくれたことを嬉しく思っています。

もし発達障害をお持ちで通信教育や勉強方法に悩んでいれば、発達障害支援の専門家が監修している通信教育すららはおすすめかと思います。

すららホームページ➝http://surala.jp

小学生2年で発達障害の子供にすららが合っていた理由

小学生2年で発達障害の子供にすららが合っていた理由

うちの子が小学生2年で発達障害とわかってからは、健常児と同じような普通の勉強はムリということでどうしようかとしばらく考えていました。

もちろん私たち親も「勉強を教えないと」と思って、できる限り時間を作りながら取り組みました。しかしいくら教えてみても、言い方が難しいのですが発達障害の子は「理屈をわかってくれない」という部分でずっと悩んできました。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

理屈を理解しづらいという現象は教科によって起きるというものではなくて、発達障害ではそれ以前の「物事の仕組み」についての部分を理解してくれません。

勉強というよりもそれ以前の「動作と言葉がつながらない」というような理屈の部分です。

言葉にしにくいのですが、同じ経験のある方でしたらわかってもらえる気がします。

 

私たちもどうするべきかと悩みながらいろいろと試行錯誤して教えようとしてきましたが、まだ国語の部分はマシです。ですが算数となると「10➝100」になる意味などは一向にわかってくれないのでかなり難しいです。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

そして発達障害の子供も興味が持てないものだからすぐに逃げるし、だんだんと勉強を嫌がるようになって机に向かうことすらしなくなっていました。

 

そしていろいろと悩んだあげく見つけたのが「通信教材すらら(スララ)」というわけです。うちの発達障害の子供がどんな教材で勉強しているのか、少しだけ紹介しておきます。

まず通信教育すらら(スララ)の画面を載せておきます。こんな感じの教材です。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

私たち夫婦はこの通信教材すらら(スララ)の画面をはじめて見たときに、楽しそうな雰囲気のある教材だと思っていました。

ほかにもこういった教材をいくつか見ていましたが、ほかはだいたい講師の授業です。このようにアニメーションで授業が行われるのはこの「すらら(スララ)」と「デキタス」くらいでした。

デキタスもよかったのですが、両方の授業を比べてみると全然違います。

健常児ならデキタスも授業でもいいと思いますが、発達障害があれば「通信教育すらら」の専門家監修の授業がピッタリな選択になると思います。

通信教育の映像授業というのは文字がズラッと並ぶような内容が多いのですが、この通信教育すららの授業だけは先ほどの画像からもわかるように「一つのことに集中させるような教え方」をしています。

もう少し高学年になると文字も多めになってきますが、小学生低学年の授業は基本的にこんな感じのものばかりです。

私たち夫婦はこんな授業だったので発達障害の子に「すらら(スララ)」を選ぶことにしました。

通信教育の中でも「すらら(スララ)」の授業は根本的に発達障害向きだった

通信教育の中でも「すらら(スララ)」の授業は根本的に発達障害向きだった

発達障害の子にすらら(スララ)の授業は「感覚で理解できる」ような内容で、ほかの授業のように理屈を並べることがなくて良さそうだと思ったことが始めたキッカケです。

今まで教え方に悩んできたことを代わりに教えてくれる、という感じの授業だったからです。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

学研ゼミはアニメっぽい感じの授業だったけど健常児向きの普通の教材、スタディサプリは費用は安かったけど講師の授業、などといろいろ比べてみると発達障害の子にとって「すらら(スララ)」の授業は根本的に違っていました。

 

通信教育すららの授業が「発達障害向き」だと感じたのは、こんな違いがあったからです。

  • 授業の進み方がゆっくりで、一度に説明をしないので頭が混乱しない。
  • 少しだけ説明して確認問題を繰り返すため理解しやすい。
  • 講師の動きや話しかけにより楽しさが感じられて続けやすい。

初めにこんなふうに感じたのですが、今でもメリットはヒシヒシと実感できています。

具体的な授業について通信教育すららを運営している「株式会社すららネット」がYouTubeに動画を出していますので参考までに載せておきます。

アニメーションで絵が動いたり音がいろいろとなったりするのが通信教育すらら(スララ)の特徴で、ほかのこういった教材でここまで発達障害の子供が興味を持ちそうなものはなかったです。

通信教育すららの授業が「根本的に発達障害向き」とお分かりいただけると思います。

ホームページ:http://surala.jp

 

とくに発達障害の小学生には「さかのぼり学習」が役立つ

とくに発達障害の小学生には「さかのぼり学習」が役立つ

発達障害の子にすらら(スララ)を実際に始めてから、とくに役立つと思った機能がありました。

いま勉強している単元がわからないときに「さかのぼり学習」という機能を使うと、つながりのある単元を教えてくれるものです。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

私たち夫婦が勉強を教えているときに、こんなことで悩むときもありました。

「ここが分からないんだったら、どこに戻れば分かってくれるようになるんだろう」

何気ないことですが、毎日の勉強でいちばん多く悩んでいた部分です。

そんな悩みを解決できたのが、通信教育すららの「さかのぼり学習」という機能です。

 

健常児であれば自分である程度考えて「どこを勉強すればいいのか」がわかると思いますが、発達障害があるとそんなふうにはいかないのが悩みにもなります。

この機能はちょうどそこを助けてくれるものだったので、親としては勉強を見るのがかなり楽になりました。半分以上は負担が少なくなったと思います。

この機能は発達障害で悩んでいる家庭にとって、ウチと同じように役立つはずです。

通信教育すららを使った勉強法はこちらで詳しく解説しています。

学習計画を立てる管理画面は使うことがなかった

学習計画を立てる管理画面は使うことがなかった

さっきの「さかのぼり学習」のような役立つ機能もありましたが、せっかくいろいろ出来るようになっていても逆に使わない機能もあります。

健常児なら役に立ちそうな「学習計画」を立てる画面です。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

この画像は試しに使ってみたときのものですが、1ヶ月やって達成したのは3日だけです。

塾に通うときには学習計画を立てると思いますが、そんな感じで目標に沿って勉強ができるというものです。たぶん健常児であればサポートのようになって助かる機能だと思いますが、ウチの子のように発達障害があるとこの機能は使わないです。

せっかく役立ちそうな機能があるのですが、ウチは使いこなせませんでした。

発達障害でもグレーゾーンなどであれば、こういう機能も使いこなすと役に立つと思います。

「ご褒美機能」が発達障害の子供には良かった

「ご褒美機能」が発達障害の子供には良かった

しかしうちの子はご褒美がもらえるところはとくに嬉しそうに見ていて、ひとつの「やる気」が出るような機能だと思います。

すらら(スララ)カップというものがあって全国のすらら(スララ)仲間と得点を競うというものですが、いい点数をとったりするといろいろとご褒美がもらえます。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

ウチの子は今のところご褒美がもらえるほど点数をとれていませんが、本人はこれもモチベーションとなっているようです。

しかし得点だけではなく勉強した時間や量も基準になっているので、少しでもたくさん勉強をしようという気持ちになることができているようです。

うちの子供は決して偏差値が高くはありませんが、しっかりと勉強のできる教材でした。

偏差値が低い発達障害の子供におすすめのようです

発達障害で勉強しない子供が通信教育すららだけは興味を持った

発達障害で勉強しない子供が通信教育すららだけは興味を持った

すらら(スララ)というのはこういった授業や機能がある通信教育ですが、落ち着きがなくて勉強をしないうちの子は興味をもって取り組むことができています。

始める前はほかの教材も見せてみましたが、デキタス以外は興味を示しませんでした。たぶんデキタスもアニメーションが使われた教材だからだと思います。

 

とくに講師の授業はイヤだったようでしたが、たぶん学校のような雰囲気があるから難しそうに見えたんだと思います。

すらら(スララ)は教科によってアニメーションが違いますが、とくに気に入っている講師がこれ。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

NHKの子供番組にも出てきそうなキャラクターで、話し方もそんな感じがする授業です。

授業自体も難しそうに理屈を教えるものではなくて、イラストなどのほうが多いので感覚として理屈を感じることができているようです。

うちの子の場合は「言葉で説明はできないけど問題は解ける」というような感じです。

この辺りも通信教育すららが発達障害の小学生にはピッタリなのかな、という気がしています。

ホームページ:http://surala.jp

通信教育すららは発達障害支援の専門家が作った通信教材

そして後になってわかったのですが、この教材は発達障害の専門家が作っているようです。

子どもの発達科学研究所という機関の専門家のようで、発達障害の子供への教育をしてきた専門家が「どうやったら理屈が伝わるか」ということを考えて作ったとのこと。

 

浜松医科大学や大阪大学の大学院などとも連携して、発達障害の教育に取り組んでいる機関らしいです。

  • 見やすい画面と理解しやすい説明で、発達障害の子どもが理解できるかを考えてある。
  • 物事の理屈を感覚でわかるような工夫がされている。

こういうことを考えられた教材で、親の代わりに勉強を教えてくれるそうです。

 

ウチが使ってみてほかの教材と違うと思ったのは、たぶんこういうことなんだと思います。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

こんな説明があったのですが、理屈よりも感覚で伝えようとしていることがわかります。

ウチが授業がわかりやすいと思ったのは「すらら(スララ)」にこういうことがあるからだと思います。

「すらら塾」も考えたけど発達障害でムリなので通信教育にした

「すらら塾」も考えたけど発達障害でムリなので通信教育にした

この「通信教育すらら(スララ)」を始める前は、そもそも塾を考えていました。

しかし発達障害の子供を受け付けてくれる塾というのも見つからず、ましてや家の近所でそういう塾を見つけるなんていうのはムリでした。

そしていろいろと考えて候補に上がっていたのが「すらら塾」というところで、次世代型というパソコンを使った個別指導塾です。

すらら塾というのは現在うちが利用している通信教育すららを学習方法として取り入れた、これまでの学習塾とは違う新しいスタイルのものです。

すらら塾についての詳細は、こういう動画を見つけましたので載せておきます。

この「すらら(スララ)塾」というのはインターネット教材を使って勉強できるところなのですが、発達障害の子供でも通えそうな塾だと思いました。

  • パソコンが相手なので周りの子供へ迷惑をかけることもないだろう、
  • 自分のペースで勉強ができるだろう

ということが選ぼうとしたいちばんの理由です。

そしてこの「すらら(スララ)塾」について調べ始めたのですが、
やはりいちばんのネックは通うことが難しいということ。

私たち夫婦は初めのうちは「何とか通えるんじゃないか?」と思っていたのですが、やはり塾へ通う道中が心配なことと何かあってからでは遅いということで「すらら(スララ)塾」は諦めました。

私たちが送迎してやれれば良かったのかもしれませんが、それも難しい状況です。

 

そうしているうちに通信教育を考え始めて今やっている「通信教育すらら(スララ)」を見つけました。

この通信教育すららを知ったのは「文部科学大臣賞」を受賞していることからでした。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

なにか発達障害の小学生におすすめの通信教育がないかと探していろいろな教材を試して、ちょうどデキタスが良さそうだと感じていたときでした。

文部科学大臣賞を受賞している通信教育があると知って、見てみたのがこの教材です。

授業が根本的に違ってわかりやすかったので、それから気になって調べてみました。

そんなことから今はこの通信教育すらら(スララ)を使っています。

学習塾に通わせるなら発達障害の小学生にはすらら塾が最適でしたが、どうしても通えない事情があるときは通信教育すららで十分に代用できることがわかりました。

ホームページ:通信教育すらら(スララ) 

勉強に楽しさがあるのは発達障害の子供には重要

勉強に楽しさがあるのは発達障害の子供には重要

ウチがこうして通信教育を使ってみて、発達障害の小学生にいちばん大事だと思ったこと。

何よりも気にした方がいいのは「楽しさ」です。

まず教材に楽しさがないと、勉強に向かうことさえできません。

厚生労働省のホームページにはこのように書いてあります。

発達障害 小学生 すらら(スララ)

集中させるためには「刺激」をなくそうと書いてありますが、実際に子供と向き合っていると「刺激」をなくすだけで勉強をさせるというのはムリです。

私たちにはただの「キレイごと」にしか見えません。

それだけではなく大事なのは「楽しさ」で、楽しくないと興味を惹くこともできないので勉強そのものさえ始まりません。

 

発達障害全般に共通する特徴が「興味がないものには見向きもしない」ということなので、授業もこういったアニメーションなどで興味を惹くようなものじゃないと難しいです。

発達障害のある小学生には、勉強に「楽しさ」があることが重要です。

とくに本物の講師がやっている授業などは、子供が嫌がって勉強にならないと思います。

健常児ならいいかもしれませんが、発達障害の小学生には不向きだという気がします。

そういう意味では通信教育すらら(スララ)のように「楽しさ」がある授業であることが大切です。そしてわかりやすい説明になっていれば、子供が興味を持って自分からでも取り組むようになります。

すららは不登校の子供にもおすすめな教材です

すららは不登校の子供にもおすすめな教材です

私が強くこの教材をおすすめしたいのが、発達障害で不登校になってしまったご家庭。

いったいどうすればいいのか‥と、途方に暮れていらっしゃいませんか?

私の子供も一時期は不登校になりかけたことがあって、なんとか回避はできましたが大変な苦労をしたという経験があります。

そんなご家庭にこそ、この教材を使っていただきたいと強く思います。

 

なぜならこの教材は、文部科学大臣賞を受賞したいるためです。

というのも文部科学省が「不登校児童の支援対策」といったものに取り組んでいて、その中の一環として”学校を出席扱いにできる教材”というのがこのすららというわけです。

このような施策です。

すらら 不登校

詳しい内容については別の記事でお伝えしますが、この施策を活用することで学校を出席扱いにすることができます。そのためには自宅で一定の基準をクリアした”IT教材”を用いて勉強をすることが不可欠です。

その一定の条件をクリアしている教材というのが、このすららというわけです。

ぜひこちらの記事で詳細をご確認なさってみてください。

小学生の間は通信教育すららを続けていきます

小学生の間は通信教育すららを続けていきます

私たちはこのようにして通信教育すらら(スララ)を使っているわけですが、まず子供が興味を持って取り組んでくれるのでテストの点数も上がってきます。

むりやり勉強をさせているわけではないのですが、興味を持って取り組むことによって自然とそういう結果になっているようです。

まとめ

私たちが、発達障害のある子供に通信教育すららを使って分かったのがこちらです。

  1. 発達障害支援の専門家が監修しているので分かりやすい。
  2. 文部科学大臣賞を受賞しているのは本当に理解できるから。
  3. 親の教え方で悩んでいたのが解消された。
  4. アニメーション授業によって楽しさを感じながら勉強できる。
  5. 講師が話しかけてくるので個別指導のように勉強できる。
  6. E-ラーニングによるつまずき解消が発達障害の子供に最適だった。
  7. 自宅に居ながらすらら塾と同じ内容が学べる。

子供から取り組むので成績向上も期待できます

通信教育を使った家での勉強が楽しくなるだけではなく、学校のテストで問題を解けることが楽しくなってくるため相乗効果があるように思います。

発達障害の特徴に合った教材を与えれば、
小学生は楽しみながら勉強を続けることがわかりました。

私たちは最低でも小学生のあいだ、この通信教育すららで勉強させようと思います。

通信教育すららを実際に使って口コミレビューしてきましたが、発達障害のある小学生には学習塾のように通塾の必要もなく最適な勉強方法になると思います。

ホームページ:通信教育すらら(スララ) 

 

 

すらら(スララ)口コミをチェックしてみる