すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな3つの理由

基礎知識

こんにちは。ここでは「すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由」について記しています。

  • すららは学習障害の子供におすすめ?
  • 興味をもって勉強できるネット教材?

そんな疑問の解消につながる内容となっています。

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由①専門家が作っている

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

発達障害(学習障害)支援の専門家が監修しているのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「発達障害支援の専門家監修」ということです。

こうした障害支援を行っている機関の専門家が監修している通信教育で、勉強の理屈や障害の特性をしっかりと考えられていることでおすすめです。

実際にウチがすららを取り組んでみてわかったのが、障害の特性を考えてあることで”理屈”が本当に理解できるような作りになっています。

自宅で勉強を教えていて「どうすれば理解してくれるのだろう‥」という場面は想像できると思いますが、そんな困ってしまう場面での教え方が上手な気がするネット教材がすららです。

たとえばこのような画面など。

すらら 学習障害

一般的な通信教材で図形を教えるときには”完成形”から理解させるものですが、すららの場合は「想像」から教えるといった指導が行われています。

三角形ってなに‥?という質問が子供からきたときに、親のほうはどうしても”完成形”から教えようとします。

しかし子供は一向に理解してくれませんよね。

親のほうは「いったいどうやって教えたら理解してくれるのか‥?」と悩んでしまうのがいつものオチになっているはずです。

 

そんな学習障害(発達障害)の特性をしっかりと考えられている指導になっているため、親の方が毎日の勉強で”悩んでしまう場面”を助けてくれるというのがすららの指導方法です。

この教材を始めるとまず実感するのが「かなり助かる」になると思います。

発達障害の子供へ対する“すららの勉強法”について3つのポイント
実際の経験から発達障害の子供へ対する“すららの勉強法”について3つのポイントをまとめています。

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由②学年関係なく勉強できる

学年関係なく勉強のできる”無学年制”なのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「無学年制」です。無学年制というのは、学年の枠ではなく”分野”の流れで勉強のできるスタイルです。

これによって学習障害(発達障害)の子供にとって、ピッタリの勉強ができます。

 

一般的な通信教育というのは、基本的に”学年制”になっています。

学年制ということは、いまの学年だけしか勉強のできないスタイルということ。

ウチの子供に限らず学習障害(発達障害)があることで、たぶん今の学年よりも下の勉強をさせたいと思われているのではないでしょうか。

すらら 学習障害

ウチもいまの学年の勉強なんてまだまだほど遠くて、できれば何個か下の学年の勉強をさせたいと思ってずっと悩んできた経緯があります。

もちろん学習塾に通わせるなんて出来ませんから、いろいろと通信教育を調べてきて今させているすららに辿り着きました。

その理由の1つが、この「無学年制」というわけです。

 

無学年制によって今の学年よりも下の勉強が自由にできるし、またその単元をクリアしてからも”分野の流れ”でステップアップしていけるのが大きなメリットです。

普通の教材ではムリなので、これも大きなメリットかなと思います。

すららは偏差値が低い発達障害の子供におすすめのようです
実際に体験した経験から通信教育すららは偏差値が低い発達障害の子供におすすめのようなのでご紹介します

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由③授業の進み方がゆっくり

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由③授業の進み方がゆっくり

授業の進み方がゆっくりなのでおすすめです。

学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由1つ目が「アニメーション授業」です。

この教材には授業があることでも選ぶ決め手となったのですが、映像授業が付いていることで理解につながる勉強ができる教材です。

さらに授業についても学習障害(発達障害)支援の専門家によって、とてもわかりやすくまとめられているので親が悩むことはなくなります。

 

こうした映像授業というのは一般的な通信教育でも見かけますが、この教材の場合は”進み方”がまったく違って特殊になっています。

具体的にいえば「少しだけ説明➝確認問題」といった感じでゆっくりと確実に進んでいくため、ウチのように学習障害(発達障害)があっても頭の中がとにかく整理しやすい授業になっています。

すらら 学習障害

この「ゆっくりなペース」というのは一般的な授業でも”一時停止”などで出来そうに思われるはずですが、根本的に全く違います。

ただ単に止めればいいというわけではなくて、学習障害(発達障害)の子供が理解するためには「完結した少しだけの説明」が必要だからです。

だから一般的な教材のように”流れの途中で一時停止によって止める”というのではダメなんです。

すららはそんな授業の流れまでしっかりと考えられている専門家監修の通信教育なので、本当の意味で子供が理解のできる通信教育です。

実際にウチが取り組んでみて分かったのがこうです。

「すららも良さそう‥ではなく、すららじゃないとダメ」

もしウチと同じように毎日の勉強でお悩みでしたら、間違いなくおすすめの教材です。

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由まとめ

すららが学習障害(発達障害)の子供におすすめな理由まとめ

ここまでをまとめておきます。

  • すららは発達障害(学習障害)支援の専門家が監修しているのでおすすめです。
  • 学年関係なく勉強のできる”無学年制”なのでおすすめです。
  • 授業の進み方がゆっくりなのでおすすめです。

こういったメリットがあるためおすすめと感じています。

もし、学習障害(発達障害)の子供へ勉強の教え方で悩んでいる‥ということでしたら一度、この教材を取り組まれてみてはいかがでしょうか。

ウチの経験を綴っていますので、ぜひ参考にされてみてください。

矢印

発達障害の子に「すらら(スララ)」を使った口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました